地域貢献

商店街は、買い物の場所としてだけでなく、人が集う地域交流の場として、また、地域の方々へ安心・安全・快適を届ける役割も求められています。

モトスミ・ブレーメン通り商店街では、人にやさしい商店街をスローガンに様々な活動を行っています。

防犯ガーディアンズ

「自らの手で自らの街を守る」そんな発想から生まれた「防犯ガーディアンズ」は、主に商店街の青年部メンバーで構成されています。

立ち上げのきっかけは、ここ数年、商店街で空き巣や万引き、ひったくりなどの被害が多発したこと。自衛はもちろん、お客様の保護のために警察の防犯講習を受けたことを機に、商店街の見回りもするようになり、団体発足に至りました。

商店街の組合からこのようなボランティアの防犯組織が発足するのは珍しく、神奈川県警からも注目されています。

  • 防犯オリジナルソング
    「守レッツゴ−」を
    歌いながらのパトロール
  • こどもの日に
    「キッズガーディアンズ」
    を結成
  • 中原警察より
    表彰されました

出張商店街「ぶれーめん」

出張商店街「ぶれーめん」は2010年からスタート。出張先は主に、商店街から車で30分ほどで行ける高齢者施設で、数店舗がそれぞれ商品を持って伺い、定期的に出張販売を行っています。

また、物販だけでなく、ブレーメン・バンドや文化芸能活動をしている影絵の団体などを施設に派遣し、みなさんに楽しんでいただくこともあります。シニアの方々との会話の中で、さまざまなリクエストもお聞きしながら、息の長い活動にしたいと願っています。

ブラチナ・ブレス発刊

全国で初めての高齢者向けフリーペーパー「プラチナ・ブレス」を創刊。地域の元気な高齢者の紹介や商店街の話題・お得な情報を読みやすい文字の大きさで記事にまとめ、ブレーメン通り商店街を知っていただくツールとして配布しました(フリーペーパー「BREaTH(ブレス)」のご紹介はこちら)。

子ども未来ファンド

商店街では様々な形で寄付金を集め、神奈川子ども未来ファンドに寄付しています。

モトスミ・ブレーメン通り商店街の秋のイベント「フライマルクト」では、店主から集めた寄贈品でフリーマーケットを開き、売上金をすべて寄付金としています。

また、お客様がマイバッグを持参して頂くと、レジ袋を使わない代わりに(レジ袋を使ったつもりで)募金している店舗も。中には毎年1万円ほどの寄付をしている店もあります。

出張健康相談

定期的にコミュニティセンターを会場に、地元の関東労災病院が無料で出張健康相談を実施しています。

ちょっと気になる体の変化について、また、病気の予防相談などができるとあって、毎回、たくさんの希望者が並びます。また、不定期ですがAEDの講習等も行なわれます。

障害者福祉・支援

ブレーメンブランドとして、平塚の施設「進和学園」さんと協力して、焼き物の販売をインフォメーションでしています(グッズのページはこちら)。

また、指定障害者福祉サービス「お菓子工房しいの実」さんが作るお菓子の販売の場としてコミュニティーセンターを定期的に提供しています。

  • お菓子工房しいの実さん
  • 進和学園さん